ダイエットサプリ

【重要事項】サプリメントを使用する際に必ず読んでおいて欲しい知識

更新日:

【重要事項】サプリメントを使用する際に必ず読んでおいて欲しい知識

当サイトでは、ダイエットや健康のサポートとしてサプリメントを取り入れてみようと思う人に向けての情報をご紹介するために運営しております。

正確な情報を提供するとともに、厚生労働省が提示している無承認無許可医薬品の指導取締りについてを参照しながら、薬機法違反となる事柄が含まれていないかをチェックしながら更新しています。

テレビ、雑誌、新聞、インターネットなどで毎日目にする健康食品。市場にはさまざまな健康食品が流通していますが、健康食品が原因で体調を崩す事例なども出てきており、注意が必要です。

あふれる情報にふりまわされず、健康食品について正しく理解できるよう、このパンフレットを参考に、冷静に考えてみてください。

引用元:厚生労働省「健康食品の正しい利用法」

インターネットで簡単にサプリメントが購入できるようになった現在では、正しい知識を把握せずにサプリメントを購入、乱用している人も多く見られます。

サプリメントについての正しい概念を把握するためにも、上記リンク先にあるパンフレットとともに、こちらのページも読んで頂けますようお願い致します。

サプリメントってなに?どんなものなのかを理解しておこう

サプリメントは医薬品ではなく、健康食品に分類されている食品のことです。

そもそもサプリメントとは、ビタミンやミネラルなど健康増進のサポートとなる成分を凝縮して、錠剤やカプセルにしたものです。

サプリメントも健康食品も、法律上で定義されているものではなく、広く健康増進や健康の保持を増進するための食品として販売され多くの人に利用されています。


出典:「健康食品」のホームページ

健康食品の分類

  • 国が特定の機能の表示 などを許可したもの(保健機能食品)
  • 保健機能食品ではないもの

具体的には、実際に健康の保持増進効果があると確認されているものと、確認されていないものがあるのです。

保健機能食品とは、「おなかの調子を整えます」や「脂肪の吸収をおだやかにします」など、その機能を表示することが国に許可されているものです。

保健機能食品は、特定の保健の目的が期待できる食品の場合にその機能について、もしくは国の定めた栄養成分について一定の基準を満たす場合、その栄養成分の機能を表示することができる制度です。

機能性表示食品の制度の基本的な考え方
出典:「機能性表示食品」って何?

さらに保健機能食品は、以下の2つの分類されます。

  • 特定保健用食品(通称トクホ)…製品ごとに有効性と安全性が確保されているもの
  • 栄養機能食品…特定保健用食品のように、個別製品ごとの検査ではなく、製造者が「栄養基準を満たしている」と判断した自己認証の表示食品


出典:健康食品の正しい利用方法

健康食品の中でも、国の表示制度として認められているものが保健機能食品であり、その中には以下の3つがあります。

  1. 特定保健用食品
  2. 栄養機能食品
  3. 機能性表示食品


出典:「機能性表示食品」って何?

このほかにも健康食品、健康補助食品、栄養補助食品、栄養強化食品、栄養調整食品、健康飲料、サプリメント等の名前で呼ばれている食品があります。
しかし、これらの全ての製品が、国が制度化し許可したものではないのです。

以下の表を参照して下さい。

保険効果や健康効果を期待させる製品
出典:保険効果や健康効果を期待させる製品

特定保健用食品

私たちのよく耳にする特定保健用食品である「トクホ製品」は、保健機能食品のうちの特定保健用食品のことで、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。

栄養機能食品

栄養機能食品とは必要なビタミン・ミネラルなどの栄養成分が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。

栄養機能食品として機能表示ができる栄養成分
ミネラル カルシウム、亜鉛、銅、マグネシウム、鉄
ビタミン ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸

栄養機能食品の中には、栄養機能表示がで きる成分と出来ない成分を両方含む場合があるのですが、栄養機能表示が出来ない成分のほうを大きく宣伝している商品も多数あります。

消費者庁許可商品と表示されていても、どの成分がどんな基準をクリアしてい るのかということをしっかりチェックするようにしましょう。

機能性表示食品

機能性表示食品とは、健康の維持及び増進に役立つことや特定の保健の目的が期待できるという機能性を表示することができる食品です。

機能性表示食品の安全性や機能性においては、事業者が国の定めた一定のルールに基づき安全性や機能性に関する評価を行っており、生産・製造、品質の管理の体制、健康被害の情報収集体制を整えながら、商品の販売日の60日前までに消費者庁長官に届け出る決まりになっています。

届け出された内容は、消費者庁のウェブサイトで公開されます。

安全性の評価

安全性の評価は、今まで広く食べられていたかどうか、安全性に関する既存情報の調査、動物や人を用いての安全性試験に実施がなされています。

機能性の評価

最終製品を用いた臨床試験を実施しています。また、最終製品もしくは機能性関与成分に関する文献調査を報告しています。

生産・製造、品質の管理体制

加工食品の場合は製造施設・従業員の衛生管理体制を、生鮮食品の場合は生産・採取・漁獲などの衛生管理体制を整えています。また、規格外製品の出荷防止体制も整えています。

健康被害の情報収集体制

消費者、医療従事者などからの連絡を受けるための体制が整えられています。サプリメント等の パッケージには、必ず事業者の電話番号など連絡先が表示されています。

サプリはどのように選択すればいい?

サプリメントはどのように選択すれば良いのか、サプリメントを選ぶ際の注意点をご紹介します。

原材料や成分は必ず確認してください

サプリメントの成分表示・原材料表示欄に〇〇抽出物、〇〇エキス、〇〇菌等の表示が書かれている場合があります。

しかし、この〇〇抽出物とうの表示だけでは不明瞭なことがあり、それぞれの原材料に含まれている具体的な物質名が不明であることもあるのです。

例えば「ウコン抽出物」と表示されていても、実際にはどれくらいの量のウコンから、どのような抽出方法で何の成分を抽出したのかなどハッキリ分かりません。

どのような成分が入っているのかが分からなければ、その製品の有効性や安全性はわかりませんし、自分の求めている効能であるかもわかりません。

サプリメントによっては、成分を複数添加している製品もあり、それぞれの成分同士の相互作用や影響についてはほどんと検証されていないこともあります。

サプリメントを購入する際は、原材料と成分がきちんと表示されているのかを確認するようにしましょう。

食品アレルギーがある人は、特にアレルギーの反応が出る成分が含まれていないかを確認することも必要です。

成分の含有量は必ず確認してください。

サプリメントを購入する前に、サプリメントの成分表示、成分の含有量は必ず確認するようにしましょう。

  • 成分名
  • 含有量

これらが不明瞭な場合は、サプリメントの有効性や安全性がはっきりわからない場合があります。

成分の含有量が明記されていない場合は、サプリメントを服用することによって起こる体の反応や副作用についてまできちんと実証されていない可能性があります。

また、製造側の品質管理が出来ていない可能性もあります。

実際、成分表示名のみ記載されており、含有量の表示がない製品を分析したところ、成分表示名に上がっている項目成分が検出されなかったという事例もあります。

成分の含有量が記載されていないサプリメントは、製品の有効性や安全性が不明瞭である可能性があるので注意しましょう。

製造者、販売者、輸入者は必ず確認してください。

サプリメントを購入する際は、製造者、販売者、輸入者は必ず確認してから購入するようにしましょう。

日本のサプリメントは厚生労働省が、アメリカのサプリメントはアメリカ食品医薬品局(FDA)が品質基準を定めています。

サプリメントに有害成分が含まれていないか、サプリメントに含まれる有効成分の量が適切かどうか、サプリメントのラベリングに問題はないのか、梱包状況は適切かどうかなど様々な項目で入念なチェックがなされています。

しかし、厚生労働省とアメリカ食品医薬品局(FDA)では、有効成分始め多くの項目に違いがあります。

DSHEAによると、アメリカではサプリメントは「アミノ酸、ビタミン、ミネラル(微量元素)、ハーブ、酵素などを一種類以上含む栄養補給のための製品」と定義されていますが、日本では「食品」として分類され、「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」と定義されています。

特に海外の製品には注意が必要です。

海外のサプリメントを飲む際は、より注意が必要です。

近年、インターネットを通じて、海外のサプリメントを手軽に購入出来るようになってきました。

アメリカの合成ビタミン剤として売られているミネラルサプリメントは、大量ボトルで販売されています。例えばアメリカ人と日本人では、人種も体形も違いますので、全く同じサプリメントを同じだけの量を摂取しても、過剰摂取になる場合もあります。

日本では健康増進のために飲むサプリメントですが、海外では病院に行かずとも手軽な栄養補給としてサプリメントを摂取するケースも多々あります。

海外のサプリメントの中には、故意に薬の成分を添加した製品もあり、これらは(無承認無許可医薬品になってしまうこともあります。

このページを参考にしています

例えば、インターネットの大手個人輸入サイトで売られているアミラーゼなどの消化酵素は、日本国内では消化不良の人が服用するための医薬品として取り扱われています。

インターネットを通じて簡単に購入することが出来ますが、注意が必要です。

「サプリメントは食品」と宣伝しながらも、そのサプリメントの中には日本では薬の成分として取り扱われている成分も含まれている可能性があります。

添加された薬の含有量や種類によっては、死に至るような重篤な健康被害を受ける可能性があります。

国内の病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含む薬を適正に使用した際に発生した副作用による一定の健康被害の場合は、医療費等の給付を行い被害者の救済を図る医薬品副作用救済制度がありますが、海外のサプリメントを服用して具合が悪くなった場合は、医薬品副作用救済制度の対象外になりますので注意しましょう。

サプリメントを使用する際に必ず知っておいて欲しいこと

手軽に購入することが出来るサプリメントですが、使用する前には必ず知っておいてほしいことがいくつかあります。

サプリメントは病院で処方される薬とは全くの別物です

病院で処方されるものとほぼ同じ成分のサプリメントも販売されていますが、病的栄養不足の治療を目的とする医薬品と栄養素の補足を目的とするサプリメントとでは用途が違うため、有効成分の含有量も全く違います。

多くのサプリメントには、体に少なからず反応を示す成分が含まれています。

特に海外製品のサプリメントは、成分の含有量が日本の基準とは違うものがあります。

医師から処方されている医薬品との組み合わせによっては、薬の効能を薄めてしまうものもありますので、疾患があり病院にかかっている人は医師に相談してからサプリメントを服用するようにしましょう。

トクホのようなサプリメントでも、薬のような効果を期待することは出来ません。サプリメントは、多量摂取をすれば効果が倍増するものでもありませんので注意しましょう。

飲み過ぎは逆効果です。用法用量は必ず守ってください。

サプリメントは医薬品ではないからと、多量に摂取することは思わぬ副作用や反応が出てしまう可能性が高いので、逆効果になってしまいます。

例えば、ビタミンAの過剰摂取によって、頭痛や肝機能障害が現れる事象があります。ビタミンAはレバーや乳製品などの食品にも含まれているため、サプリメントでビタミンAを積極的に摂取しようとして服用すると過剰摂取になってしまい、肝臓に蓄積されて副作用が出てしまう可能性があるのです。

特に天然由来の成分ではないサプリメントは、合成されたビタミン・ミネラル類・添加物までも大量摂取してしまうことになるので、注意が必要です。

サプリメントの過剰摂取は、逆に体調を悪化させてしまう原因になることもありますので、用法用量は必ず守って服用するようにしましょう。

複数のサプリメントを合わせ飲みするのは避けましょう。

「サプリメントは健康食品だから副作用はないはず」と安易に飲むと、思わぬ副作用が出てしまう可能性もあります。

いくつかのサプリメントを服用したら、それぞれの作用で健康になると言う訳ではありません。医薬品の場合は、薬物の相互作用、副作用についての研究、治験がきちんとなされていますが、健康食品の場合は服用後数ヶ月先までの治験データなどは未解明な部分が多く、飲み合わせに関してのデータも実証されていません。

そのため、あらゆるサプリメントを自己判断で摂取することは、思いがけない副作用が発生する可能性が高くなります。

こんな場合は相談が必要です。

サプリメントを服用する場合、以下のような人は医療機関に相談する必要があります。

病院にかかっている人、医薬品を服用している人

サプリメントは薬の代用品ではありません。サプリメントを服用する際は、医師から処方されている薬を飲んでいる人は必ず医師に相談してから服用するようにしましょう。

医薬品との組み合わせによっては副作用や別の反応が出てしまう可能性がある

「薬とサプリメントを一緒に摂取すれば病気が早く治るのではないか」と安易に考えるのは間違いです。薬とサプリメントの同時摂取により、薬の効果が薄れたり強まりすぎたりする可能性があります。

サプリメントの中には、組み合わせによって副作用が起こることがありますので、自己判断で摂取せず必ず医師に相談してから服用するようにしましょう。

例えば、血栓を予防す薬であるるワーファリンを飲んでいる人は、ビタミンKのサプリメントを服用することでワーファリンの効果が薄まってしまう可能性があります。

その他にも、サプリメントに添加されている成分と医薬品の相互作用が想定される事例があります。

以下の表を参考にして下さい。

健康食品に添加されている成分 医薬品成分 影響
ビタミンB6 フェニトイン(抗てんかん薬) 薬効の減弱
葉酸 葉酸代謝拮抗薬(抗がん剤) 薬効の減弱
フルオロウラシル、カペシタビンなど(抗がん剤) 薬効の減弱
ビタミンK (青汁、クロレラを含む) ワーファリン(抗凝固剤) 薬効の減弱
ビタミンC アセタゾラミド(抗てんかん薬) 腎・尿路結石のおそれ
ナイアシン HMG-COA還元酵素阻害薬(高コレステロール血症治療薬) 副作用の増強(急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症)
ビタミンD ジギタリス製剤(心不全治療薬) 薬効の増強
カルシウム 活性型ビタミンD3製剤(骨粗鬆症薬) 腸管からのカルシウム吸収を促進
ジギタリス製剤(心不全治療薬) 薬効の増強
ビスホスホネート系製剤(骨粗鬆症薬)
テトラサイクリン系抗菌剤(抗生物質)
ニューキノロン系抗菌薬等(抗生物質)
薬効の減弱
マグネシウム タンニン酸アルブミン(下痢止め)
ビスホスホネート系製剤(骨粗鬆症薬)
メチルドバ(降圧薬)
テトラサイクリン系抗菌剤(抗生物質)
ニューキノロン系抗菌薬等(抗生物質)
薬効の減弱
中性アミノ酸 レボドバ(抗パーキンソン病薬) 薬効の減弱
コエンザイムQ10 降圧薬、糖尿病治療薬 薬効の増強

アレルギーがある人、またはアレルギーの可能性がある人

薬の場合は、医師からこれまでのアレルギー体験をもとに薬を処方してもらうことが出来ますが、サプリメントの場合は完全に自己判断、自己責任になります。

アレルギーは全ての人に起こる反応ではありませんが、誰がどのように発症するかも分かりません。

天然・自然由来の植物成分のものは安心だという概念がありますが、天然由来の成分こそアレルギー反応を起こす可能性がありますので注意が必要です。

このページは、公的機関に掲載されている健康食品情報より抜粋して作成しています。

-ダイエットサプリ

Copyright© youyou , 2019 All Rights Reserved.